お得な情報

家でホームページを育てよう #STAY HOME

ステイホームの画像

今回は、コロナウイルスによる自粛や休業、売り上げ低迷を余儀なくされている自営業者様に向けて「ホームページの作成・育成」をご紹介していきたいと思います。

なぜ今ホームページを作るのか

グラフの画像

ホームページはURLと見た目だけあれば最低限完成しますが、これだけでは検索結果に表示されず、他人に閲覧されることはありません。
これは、ホームページの内容が薄い事に原因があります。
基本的に検索結果は多くの人の役に立つ情報が上位表示される傾向にあります。
そのため、形だけのホームページだと、表示されないのです。

ホームページは3ヵ月~半年、1年間という期間更新を続けて価値が高まっていきます。

自粛や休業中で時間がある今、ホームページを作り始めるには最適な時期と言えます。

更新が家でもできる

ノートPCの画像

ネット環境さえあればホームページを更新することができます。

不要なビラ配りや人との接触が無いため、感染拡大等のリスク無く更新を続けられます。

STAY HOMEが進められている今、ホームページを育てることは選択肢の1つになります。

情報発信を続けられる

スマートフォンの画像

ホームページを持つ上で一番変わることはWeb上に情報を発信できるようになることです。

webの利用者数は世界単位では18億人、日本だけでも1億人以上利用しているという統計も出ています。

近年ではスマートフォンの普及により、更に利用者も増えています。

そんなwebに自分から情報発信ができる場所がホームページです。

コロナウイルスが収束した時、頼りになる

苗の画像

自粛中にホームページを育てておくと、収束後に有利になる、ある意味スタートダッシュができる状態になります。

もし一時的にお店などを休業させているとして、その間何もせずに収束を待つのか、それとも収束後を見据えて休業中にもできることを意識して動くのか。

何もしない時間を有効に活用する意味でも、ホームページを育てることはとても重要になります。

収束後もホームページは武器になる

鍛冶の画像

育てたホームページはインターネットが無くなるまで、永遠にあなたの武器になります。

繰り返しになりますが、現在の日本ではほとんどの方がスマートフォンを持ち、検索をします。

ホームページを掲載すれば、日本中のwebユーザーに情報を発信できるのです。

告知、ブログ、ブランディング、様々な運用方法がありますが、これもホームページの更新なくして成し得ない事です。

まとめ

ホームページの更新には時間がかかります。
STAY HOMEが推進されている今だからこそ、コロナウイルスによる自粛で休業や売り上げ低迷に陥っている方は一度ホームページの作成をご検討してみてはいかがでしょうか。
センパイではLINEで簡単にホームページの作成・更新が可能です。
詳しくは下記のURLからご覧ください。